【さくらインターネット】プラグインを使わずにWordPressの引越をする!!(16MiB以上のデータベースファイル編)

phpMyAdminを使ってのデータベースのインポート、エクスポートはとてもカンタンなのですが、
さくらインターネットにおいては、
インポートにおいては16MiB(16MB)を超えるデータのインポートができません。

その場合は、SSH接続を使って、データベース(sql)ファイルをインポートします。

今日はその移行手順を書いていきます。
なお16MiB未満の場合は、普通にphpMyAdminでできるので、
その方法は下記のURLにて書いています。

【さくらインターネット】プラグインを使わずにWordPressの引越をする!!

必要なソフト

いずれも無料で提供されています。
ただし、TeraTermはWindows OSのみ対応です。

  • FileZilla
    サーバに(FTP)接続してファイルをダウンロード、アップロードするために使用します。
FFFTPを使っている方もいると思いますが、あまり大きなデータを大量に送受信すると途中で切断されてしまうことがあるので個人的にはおすすめしません…。

  • TeraTerm
    サーバにSSH接続して16MiB以上のデータベース(sql)ファイルをインポートするために使用します。

操作手順

FileZillaを使ってファイルをローカルにダウンロード

1. FileZillaを開き、左側にはファイルをダウンロードするためのローカルフォルダを、
右側のリモートサイトには移行をしたいサイトのデータを表示させ、
右側から左側にファイルをドラッグして、ダウンロードします。

FileZillaを使ってダウンロードしたファイルを移行先のサーバーにアップロード

2. 左側にはローカルフォルダにダウンロードしたファイルを、
右側のリモートサイトには移行先のサーバーを表示させ、
左側から右側にファイルをドラッグして、アップロードします。

さくらサーバーコントロールパネルからデータベースファイル(sqlファイル)をダウンロード

3. さくらサーバーコントロールパネルにログインします。

4. 左カラムのアプリケーションの設定にある、データベースの設定をクリックします。

5. データベースの一覧の中にある、管理ツールログインをクリックして、phpMyAdminを開きます。

6. データベースユーザー名接続パスワードを入力し実行を押下して、phpMyAdminにログインします。

7. 該当のデータベース名を左の列からクリックします。

8. 画面上部のエクスポートをクリックします。

9. そのまま画面下の実行をクリックして、データベース(sql)ファイルをダウンロードします。

FileZillaを起動して移行先のウェブサーバーにデータベース(sql)ファイルをアップロード

10. FileZillaを起動して、9.でエクスポートしたデータベース(sql)ファイルを、
移行先のサーバーのwwwの直下にアップロードします。

移行先のさくらサーバーコントロールパネルに新しいデータベースを作成する

11. 移行先のさくらサーバーコントロールパネルにログインします。

12. 左カラムのアプリケーションの設定にある、データベースの設定をクリックします。

13. データベースの新規作成をクリックします。

14. 任意のデータベース名(移行前と同じ名前がよいです。)を入力し、
同意するにチェック
を付けて、データベースを作成ボタンをクリックし、
新しいデータベースを作成します。

TeraTermを起動して移行先のデータベースにデータをインポート

15. TeraTermを起動します。
ホストにはさくらインターネットの初期ドメイン(▲▲▲▲▲▲.sakura.ne.jp)を入力して、OKボタンをクリックします。

その後、以下のようなセキュリティに関する画面が表示されますが、
そのまま続行をクリックして進んで大丈夫です。

16. ユーザー名に、さくらインターネットのアカウント名
パスフレーズには、サーバーパスワードを入力して、OKボタンをクリックします。

以下のような画面が表示されれば成功です。

17. 「cd www」と入力し、wwwの直下に対してコマンドが入力できるように指定します。

18. 以下のようにコマンドを入力します。

mysql -u ●●●●● -p■■■■■ -h mysql△△△.db.sakura.ne.jp ◆◆◆_◆◆◆ < ◇◇◇◇◇.sql
  • ●●●●●:ここには「データベース ユーザー名」を入力します。
  • ■■■■■:ここにはデータベース接続の「接続パスワード」を入力します。
    (「-p」と「□□□」の間に半角スペースを入れずに入力してください。)
  • △△△:ここには「データベースサーバーの数字」を入力します。
  • ◆◆◆_◆◆◆:ここには移行先の「データベース名」を入力します
  • ◇◇◇◇◇:ここにはwwwの直下にアップロードしておいた「データベース(sql)ファイル名」を入力します。

上記の画像ではエラーが出てますが、気にしないでください…。

問題なくインポートできても特に成功した旨のメッセージは表示されないので、
phpMyAdminからデータが問題なくインポートされているか確認してみてください。

 WordPressの設定ファイル(wp-config.php)を書き換える

19. テキストエディタ等でWordPressのwp-config.phpを開き、下記コードの箇所に移行先のデータベースサーバーの情報を入力します。
ローカルで書き換えている場合は、wp-config.phpのアップロードも忘れずに。

// ** MySQL 設定 - この情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', '●●●●●●_●●●●●●(データベース名)');
/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', '○○○○○○(データベースユーザー名)');
/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', '*******(接続パスワード)');
/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', '	mysql▲▲▲▲(数字).db.sakura.ne.jp');
/** データベースのテーブルを作成する際のデータベースの文字セット */
define('DB_CHARSET', 'utf8');
/** データベースの照合順序 (ほとんどの場合変更する必要はありません) */
define('DB_COLLATE', '');

まとめ

これで16MiB(16MB)以上の大きなデータベース(sql)ファイルでも、問題なくインポートができます。

TeraTermを使いこなすと、何だかプログラムができる人みたいな気分になってワクワクします(笑)

今回紹介したサーバーは全てさくらインターネットのレンタルサーバーです。
他のサーバーもそつなく使ってきましたが、
さくらインターネットのレンタルサーバーが今の所一番気にいって使わせてもらっています。

さくらインターネットの詳細はこちら